看護師の転職

看護師が転職をうまくするには、未来のことを考えて早めに行動することが肝要です。また、何に重きを置いて考えていくのかを考えておいた方がいいでしょう。今後どうなりたいかを明らかにして、その思いに合った転職先のデータを少しずつ収集してください。収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって妥協できない条件も頭に置いておきましょう。

ナースの職場といえば病院という位置づけが大部分が思うことでしょう。また、看護師の資格を活かせる職場は、病院の外にも色々とあります。保健所で保健師とのチームプレーで地域の住民の健康上のいろいろなケアをするのも看護師の責任です。

また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。

学校行事の旅行や一般向け旅行企画などに参加し、怪我や病気のその場での処置や現地での病院手配をする看護師もいます。家庭をもって子供のいる人は土日は休暇であったり、遅番シフトがない働き口を理想としているものです。

病院の外で力を発揮するには臨機応変に対応できる専門知識を体得している認定看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度開催されます。

看護師

看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を保ち続けています。

看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。

看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊な上に、職場によっても異なってきます。

仕事場においては一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。

しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。

看護師国家試験は、毎年1回為されています。看護師の足りないという問題が起きている現状にとっての明るい兆しとして、この何年かの国家試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、動かずにいます。

看護師国家試験は、入試のように定員数が決まっている試験ではなく、一定の点数を取れれば試験に合格できるのです。看護士の志望理由は、実際何を契機として看護師になることを考えるようになったのかを折り込むと良いイメージを与えられます。転職の際の志望理由は、これまでの経験で得た技術を活かしたい、一段と人の役に立つスキルを習得したいなど、プラスの印象を与えるものにしてください。今まで勤めていた職場の中傷は黙して語らないようにすることが必要です。

全国の看護師の一年間の収入は平均すると437万円あたりです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で勤務する看護師は、公務員として従事しているため、年収はおおよそ593万円になります。公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院と比較すると高く、福利厚生もしっかりしています。

準看護師だと、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ